安全性が高いので安心

外部とのサーバー共有がない

オンプレミス型のメール配信システムを利用するメリットとしてよく知られているのが安全性が高いことです。オンプレミス型とは平たく言ってしまえば自社サーバー上でシステムを利用する方法を指します。対比的によく用いられているのがクラウド型で、クラウドサーバーと呼ばれる業者のサーバーを利用するのが特徴です。クラウドサーバーの場合にはシステムの提供業者が複数のユーザーに対して同じサーバー上にあるシステムを割り当てる仕組みになっています。サーバー上で領域はそれぞれ分けられてはいるものの、そのセキュリティーが十分でなければ情報が漏洩するリスクがあるのは確かでしょう。

オンプレミス型の場合にはサーバーを外部と共有することがないので情報漏洩のリスクが大幅に低くなります。メールを配信するときにはインターネットを介する必要があるので全く外部とネットワークが繋がっていないわけではないものの、きちんとサーバーのセキュリティーを整えれば安心して運用できる形になるでしょう。セキュリティーも自社で充実した形にすることができ、業者任せになることはありません。安心できるようにするために納得できる基準を設け、適切な対策を立てられるのです。

メール配信だからこそセキュリティーが重要

オンプレミス型のメール配信システムが選ばれるのはセキュリティーが重要なシステムだからです。メールの配信をするためには個人情報を取り扱わなければならず、メールアドレスだけでなく氏名などもデータベースに含まれていることがあります。その内容が少しでも漏洩してしまったことが発覚したら、企業としての信用を失ってしまって営業も止めざるを得ない状況に陥るリスクもあるのです。そのような事態を引き起こさないために独立した自社サーバーで、外部のアクセスを気にする必要ない状況で運用するのは安全策だと言えるでしょう。

クラウドサーバーの場合にはIDとパスワードがあればどこからでもアクセスすることが可能です。便利な面もありますが、社外でメール配信をしようとアクセスしたところを通りがかりの人に見られてしまうこともあるでしょう。それに対してオンプレミス型であれば自社サーバーにどの端末からどのようにしてアクセスしたかによって、データを閲覧したりメールを配信したりすることができるかを決めることも可能です。社員の意識不足で万が一にも情報漏洩が起こってしまわないようにするための予防線も現場に応じて引くことができるのはオンプレミス型のメリットなのです。

メール配信APIの利用で、WEBCASを操作せず、顧客の管理システムを操作するだけで大量高速メール配信を行うことが可能となります。システム間の二重管理も必要とせず、メール配信に伴う新規開発も不要です。